九段理江がAIで芥川賞?学歴(大学・高校)や経歴は?結婚や彼氏も知りたい!

芸術
スポンサーリンク

こんにちはロケパンです!

第170回芥川賞・直木賞の選考会が開かれ、

芥川賞は九段理江(くだんりえ)さんの

「東京都同情塔」が選ばれました。

都心に「高層刑務所」ができるなど、

生成AIなども浸透された未来の物語だそうです。

何かと話題の「生成AI」ですが、

九段理江さんは

受賞インタビューで作品の文章にAIを使い、

執筆したと語っています。

AIを使った文章で

芥川賞受賞というのは

今回が初ではないでしょうか?

これからの文学界はどうなるのでしょうね?

ということで、今回はこちらについて調べてみました👇

  • 九段理江がAIで芥川賞?
  • 九段理江の学歴(大学・高校)
  • 九段理江の経歴プロフィール
  • 九段理江の結婚や彼氏

九段理江さんにご興味のある方は是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

九段理江がAIで芥川賞受賞?

九段理江さんが

「東京都同情塔」で

芥川賞を受賞しました。

この作品の、

全文章の5パーセントほどは

「生成AI」の文章をそのまま使って執筆し、

これからもうまくAIとは付き合っていきたいと

語った九段理江さん。

生成AIとはなにかというと

生成AIはジェネレーティブAIとも呼ばれ、機械学習の一分野で、与えられたデータやパターンから新たなデータを生成する能力を持つ技術です。

テキスト、画像、音声など、多様な形式のデータをもとに、新たなコンテンツを作り出します。

生成AIは、大量のデータを学習し、そのパターンや特徴を理解することで、それに似た内容を新たに作成する力を持ちます。

https://www.fronteo.com/

簡単にいえば、

AIが考えた文章をそのままコピーして、

貼り付けるといったイメージでしょうか?

作家のオリジナリティとかはどうなるのですかね?

そうなると同じような作品が多くなり、

面白みにかけていくのでは?

という懸念がありますが・・。

芥川賞は

ある意味文学界の指標

ともいえる賞だと思うのですが、

もしその作品が

AIで全て書かれたとしたら

問題になるのでは?

まあ全てというのは大げさにしても、

AIで書いたものかどうかの判断はつくのか?

ということに関して、

東京大学大学院情報理工学系研究科AIセンターの

松原仁教授はこのように語っています。

ある文章が生成AIでかかれたものか人間が書いたものかを判定すると称するプログラムも存在するのですが、いつも正しく判定できるわけではありません。

https://news.yahoo.co.jp/
スポンサーリンク

となれば、

作家がAIを使って書いたにもかかわらず、

使っていないと言い張った場合、

それが正しいのか正しくないのかという判断は

はっきりとはできないということになりますね。

今回、九段理江さんははっきり

「AIを使って書いた」

と言い切っています。

果たしてそれがいいのか?悪いのか?

今後、これを皮切りに

いろいろ物議を醸すのでは??

学歴(大学・高校)は?

九段理江さんの学歴について

Googleはもちろん、

twitterや2chもみたのですが情報は見つかりませんでした。

少なくとも、

現時点ではネット上に詳細な情報は出ていないようです

少ない情報でわかっていることは

高校~大学時代を

さいたま市内で過ごしたということですので、

大学は卒業されているようです。

高校は埼玉県南部の県立高校に通われていました。

今後何か情報ありましたら

追記していきたいと思います。

九段理江wikiプロフィール!

https://twitter.com/

スポンサーリンク
  • 九段理江(くだんりえ)

  • 生年月日  1990年9月27日(33歳)

  • 出身 埼玉県浦和市

  • 活動期間 2021年 –

  • ジャンル 小説

九段理江さんは高校時代、

通学定期を使える範囲にある全ての図書館を巡り、

本を読み漁ったそうです。

未発表ですが、

地元埼玉を舞台にした

作品もあるのだとか。

小説家になるには、

まず本をたくさん読むことが必須。

なるべくして作家になったようですね。

経歴は?

九段理江さんは1990年生まれ、

埼玉県出身です。

子どもの頃は県内を20カ所ほど転居しつつ、

高校~大学時代をさいたま市内で過ごしました。

大学卒業後、

2014年ごろ、

東京での仕事をやめ、

知人の誘いで石川県金沢市に移住。

専門学校で就職用の小論文の指導をしたり、

古書店「オヨヨ書林」でアルバイトをしたりしながら、

本格的に小説執筆を始めます。

https://twitter.com/

スポンサーリンク

金沢市に1年、

能美市に2年半ほど住んだのち、

関東に戻り、

現在は千葉県在住の九段理江さん。

受賞歴はこのようになっています。

  • 2021年、「悪い音楽」第126回文學界新人賞
  • 2022年、「Schoolgirl」で第166回芥川龍之介賞候補、第35回三島由紀夫賞候補。
  • 2023年、「Schoolgirl」で芸術選奨新人賞
  • 同年、「しをかくうま」で第45回野間文芸新人賞
  • 2024年1月、「東京都同情塔」で第170回芥川賞

書く作品は賞、賞候補になり、

デビュー後3年で芥川賞を受賞しました。

次回作も期待がかかる

九段理江さんですね。

九段理江の結婚や彼氏も知りたい!

九段理江さんの結婚や彼氏について、

Googleはもちろん、

twitterや2chもみたのですが情報は見つかりませんでした。

少なくとも、

現時点ではネット上に一切情報は出ていないようです。

かわいいと評判の九段理江さんですから、

公表していないだけで

彼氏はいる可能性は高いのではないでしょうか?

今後新しい情報わかり次第

追記していきたいと思います。

九段理江のまとめ

https://twitter.com/

スポンサーリンク

今回は「九段理江がAIで芥川賞?学歴(大学・高校)や経歴は?結婚や彼氏も知りたい!」と題して調べてみました。

  • 九段理江が「東京都同情塔」で芥川賞受賞

  • 作品の前文章の5%はAIの文章をつかう

  • 九段理江は大学卒業

  • 九段理江は2014年から小説を書き始め、新人賞を取ってから3年で芥川賞を受賞

  • 九段理江の結婚や彼氏は不明

九段理江(くだんりえ)さんが芥川賞を受賞、

作品の5%はAIで書いたと語りました。

これから更に進化していくだろう生成AI。

機械と人間のせめぎあいはこれからも加速、

対応やどのように受け入れるのか課題が多そうです。

以上、「九段理江がAIで芥川賞?学歴(大学・高校)や経歴は?結婚や彼氏も知りたい!」でした。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました