福島孝徳(脳神経外科医)の家族(妻・子供)は?経歴プロフィールや学歴まとめ

学術
スポンサーリンク

こんにちはロケパンです!

「天才脳外科医」と呼ばれ、

テレビでも何度となく特集された

福島孝徳(ふくしまたかのり)さんが亡くなったという

悲しいニュースが入ってきました。

ご冥福をお祈り申し上げます

「ゴッドハンド」との異名を持ち、

世界的脳神経外科医として活躍した福島医師。

今回は生前の福島孝徳さんの

結婚・家族(妻・子供)や

経歴や学歴をまとめてみました👇

  • 福島孝徳(脳神経外科医)の家族
  • 福島孝徳(脳神経外科医)の妻
  • 福島孝徳(脳神経外科医)の子供・娘
  • 福島孝徳(脳神経外科医)の経歴プロフィール
  • 福島孝徳(脳神経外科医)の学歴

福島孝徳さんに

ご興味のある方は

是非最後までご覧ください!

こちらにも、もしご興味がありましたら👇

山本匠(医師)wikiプロフィール!経歴や学歴や家族(妻・子供)は?プロフェッショナル 仕事の流儀

山本一徹のwikiプロフ!家族(妻・子供)や経歴は?年齢や学歴も知りたい!

竹政伊知朗のwikiプロフ!家族(妻・子供)や経歴は?年齢や学歴も知りたい!

大野京子のwikiプロフィール!経歴や年齢や学歴や家族(旦那・子供)も知りたい!

スポンサーリンク

福島孝徳(脳神経外科医)の家族(妻・子供)は?

福島孝徳医師は妻の法子さんと娘の梨沙さん

息子の徳仁さんの子供二人の4人家族です。

奥さんの法子さんとの出会いや

馴れ初めは分からなかったのですが、

年齢は2017年に還暦だったそうですので、

今年2024年で67歳になるのではと思われます。

10歳以上、年齢の離れた夫婦だったようです。

息子さんについての情報はほとんどなかったのですが、

娘の梨紗さんは父の孝徳さん同様、

医学部に進学し脳外科医を

目指していると昔、テレビで語っていました。

父の手術にも立ち会い、

立派な医師になるため精進していたという話を聞きます。

年齢等の情報もなかったのですが、

どうでしょう?30代なのでしょうか?

もし今後何か新しい情報ありましたら、追記していきたいと思います。

福島孝徳の経歴プロフィール

https://twitter.com/

  • 福島孝徳(ふくしま たかのり)


  • 死没  2024年3月19日(81歳没)


  • 出身地  東京都渋谷区


  • 職業   脳神経外科医師


  • 活動期間  1968年 – 2024年
スポンサーリンク

福島孝徳医師の趣味はドラム。

私は学生時代にジャズに凝っていて、

演奏していたそうですが、

それが手術でも役に立っていたと語っています。

福島
実は私は学生時代にジャズに凝ってドラムを叩いていたので、それが役に立っているのかもしれません。
靴をはいていてはそんな細かい操作はできないので、白足袋をはくのです。
白足袋が一番いい。
ガラスも針も刺さらないし、自由に操作できるし、非常に神聖で、きれいで、こころが引き締まる。
でも、白足袋をはいて手術をするのは世界でも私だけでしょうね。

http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/

手術には常に足元は足袋で執刀していた福島孝徳医師。

顕微鏡を見ながら手を動かし、

同時に足元のペダルで顕微鏡のズーミング、フォーカシング、

電気メス、ドリル、超音波、ナビゲーションを

左右の足で操作しながらの手術方法。

「ゴッドハンド」と言われる真髄はドラム演奏で

習得したリズム感にもあったみたいですね。

経歴は?

福島孝徳医師は1942年に、

明治神宮宮司の二男として生を受けます。

父の信義さんは明治神宮の宮司とともに、

明治記念館の館長も20年以上勤め、

戦後は空襲で焼失した明治神宮社殿の復興に尽力、

母は深川の富岡八幡宮の宮司の娘ということで、

神官の家に育ちました。

スポンサーリンク

それにより手術には足袋を履き、明治神宮の方角に

一礼をしてからというルーティンが生まれたようです。

「私は土日も手術、夏休みも正月休みも一切とらない。
手術前は、『一生懸命やりますから助けてください』と神様にお祈りします。
世のため人のために朝から晩まで働いていれば、必ず神様が見ていて助けてくれる。
明治神宮の神様は、心のよりどころであり、支えです」

https://news.yahoo.co.jp/

兄と弟がいらっしゃいましたが、

両親と共にすでに逝去されています。

東京大学病院の内科医師である叔父に憧れ、

高校卒業後は東大医学部に入学。

1968年 から東京大学医学部附属病院 の

脳神経外科臨床・研究助手として働き始めます。

その後の略歴はこのようになっています。

  • 1968年 – 東京大学医学部附属病院 脳神経外科臨床・研究助手
  • 1973年 – ベルリン自由大学 Steglitzクリニック脳神経外科研究フェロー
  • 1975年 – メイヨー・クリニック脳神経外科臨床・研究フェロー
  • 1978年 – 東京大学医学部附属病院脳神経外科
  • 1980年 – 三井記念病院脳神経外科部長 頭蓋底の鍵穴手術(キーホール・オペレーション)を確立
  • 1991年 – 南カリフォルニア大学医療センター 脳神経外科教授
  • 1994年 – ペンシルベニア医科大学アルゲーニ総合病院 脳神経外科教授、アルゲーニ脳神経研究所頭蓋底手術センター部長
  • 1998年 – カロライナ頭蓋底手術センター所長 カロライナ脳神経研究所所長 カロライナ耳研究所共同所長
  • 2007年 – 千葉県に塩田病院附属福島孝徳記念クリニックが開院
  • 2012年 – 塩田病院附属福島孝徳記念病院の運営から離脱、福島孝徳脳神経センターは、東京都江戸川区の森山記念病院及び 神奈川県川崎市の新百合ヶ丘総合病院に移転。
  • 2016年 – 森山記念病院から東京脳神経センター病院へ「福島孝徳脳神経センター」を移転させ、8月1日より脳神経外科手術患者を受け入れ、日本国内の拠点に。
  • 2020年 – 福島孝徳と新百合ヶ丘総合病院の提携が終了し、新百合ヶ丘総合病院「福島記念 脳腫瘍・頭蓋底センター」を閉院。
  • 2022年12月1日 – 神奈川県相模原市緑区下九沢に「脳神経外科 福島孝徳記念クリニック」 を開院。

福島医師は1978年に帰国後、頭部を大きく切開することなく、

数センチメートルほどの小さな穴から

顕微鏡を使い巧みに脳腫瘍を切除、

縫合する鍵穴手術(キーホール・オペレーション)の確立に着手しました。

1985年に鍵穴手術を確立しますが、

日本での臨床では評価されず、

南カリフォルニア大学医療センターより

脳神経外科教授のオファーを受け渡米、

鍵穴手術を用いて多くの難手術を成功させ、

「神の手を持つ男」「ゴッドハンド」や

「侍ドクター」と呼ばれるようになります。

その後はアメリカ、日本のみならず世界中を回り、

難易度の高い脳腫瘍手術、診察を行っていきます。

土日、盆正月にも休みを取らす、

「1週間に8日働く」勢いで日々過ごされ、

座右の銘は「すべてを患者さんのために」。

救った患者数は20000万人以上と言われ、

一生涯を医師として全うした福島孝徳さんでした。

スポンサーリンク

福島孝徳の学歴は?

福島孝徳医師の学歴は小中学は分からなかったのですが、

高校からは都立戸山高~東京大学医学部です。

大学時代は学生運動が華やかなりし頃、

東大闘争で安田講堂が占拠された

1968年に東大医学部を卒業、

研修医になって5年間であらゆる脳外科手術を経験し、

脳生理学の研究にも取り組みました。

東大時代は学生運動などには目もくれず、

日々勉強、研鑽の日々だったのでしょうかね?

福島孝徳(脳神経外科医)のまとめ

https://twitter.com/

今回は「福島孝徳(脳神経外科医)の家族(妻・子供)は?経歴プロフィールや学歴まとめ」と題して調べてみました。

  • 福島孝徳は妻と子供二人の4人家族

  • 福島孝徳は明治神宮の宮司の家に生まれ、侍魂を磨く

  • 脳神経外科医のスペシャリスト

  • 学歴は都立戸山高~東京大学医学部
スポンサーリンク

脳神経外科医の権威として世界中で診察、

手術を続けた福島孝徳さん。

長年の間、多くの方の命を救ってこられました。

福島孝徳医師のご冥福心よりお祈りいたします。

以上、「福島孝徳(脳神経外科医)の家族(妻・子供)は?経歴プロフィールや学歴まとめ」でした。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました