野田樹潤(女性レーサー)の経歴や学歴や年齢や身長は?家族(父・母)も知りたい!

モータースポーツ
スポンサーリンク

こんにちはロケパンです!

若手レーシングドライバーの登竜門である

ユーロ・フォーミュラ・オープン(EFO)で、

野田樹潤(じゅじゅ)選手が

優勝を果たしました。

野田樹潤選手は、

なんと17歳(2023年7月現在)の女子高生!

そして数々の有名ドライバーを輩出してきた

このシリーズレースで、

女性ドライバーが優勝するのは史上初、

それも日本人女性が行った快挙で

話題騒然となっています!

野田樹潤選手とは

どんな人なのでしょうか?

気になります!!

ということで、今回はこちらについて調べてみました👇

  • 野田樹潤(女性レーサー)のwikiプロフィ―ル
  • 野田樹潤(女性レーシングドライバー)の経歴
  • 野田樹潤(女子高生レーシングドライバー)の学歴
  • 野田樹潤(女性レーシングドライバー)の年齢や身長
  • 野田樹潤(女性レーサー)の家族(父・母)

野田樹潤選手に

ご興味のある方は

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ユーロ・フォーミュラ・オープン(EFO)って何?

今回女性ドライバーとして

史上初の優勝を果たした

野田樹潤選手の走った

ユーロ・フォーミュラ・オープン(EFO)とは

どんなレースなのでしょうか?

最高峰カテゴリーがF1だとすると、

ユーロ・フォーミュラ・オープンは

F3のカテゴリーになり、

将来のF1参戦を狙うドライバーの

コース習熟の場としても

人気が急上昇しているレースです。

女性ドライバーが、

同シリーズに参戦するのは

野田樹潤選手で10人目。

2023年シーズンの

ユーロ・フォーミュラ・オープンは、

4月29〜30日に

ポルトガルのポルティマオで開幕を迎え、

全8大会が予定されています。

2023年ユーロフォーミュラ・オープン レーススケジュール

第1戦:4月29〜30日/ポルティマオ(ポルトガル)
第2戦:5月13〜14日/ポー・グランプリ(フランス)
第3戦:5月27〜28日/スパ・フランコルシャン(ベルギー)
第4戦:6月17〜18日/ハンガロリンク(ハンガリー)
第5戦:7月22〜23日/ポールリカール(フランス)
第6戦:9月9〜10日/レッドブル・リンク(オーストリア)
第7戦:9月23〜24日/モンツァ(イタリア)
第8戦:10月21〜22日/バルセロナ(スペイン)

https://www.as-web.jp/

野田樹潤選手は、

F1のレースが

2022年まで開催されていた

フランス・ポールリカールでの

第4戦で見事優勝、

チェッカーフラッグを受けました。

野田樹潤(女性レーサー)のwikiプロフィール

スポンサーリンク
  • 野田樹潤(のだ じゅじゅ)

  • 出身地  東京都

  • 生年月日  2006年2月2日(17歳)

  • 身長 170cm前後

  • 血液型 非公開

  • 職業 レーシングドライバー

  • 所属チーム NODAレーシング

野田樹潤選手の愛称は

「Juju(ジュジュ)」。

中学3年生の時点で

身長は170センチくらいあったそうです。

東京生まれですが、

フォーミュラレースへの挑戦で

岡山国際サーキットを本拠地にするため、

年少期より岡山県美作市に移転します。

動物・演劇・料理などが好きな

17歳の女子高生です。

Jujuの経歴は?

野田樹潤選手は

2006年に元F1ドライバーの

野田英樹さんの次女として

この世に生を受けます。

3歳よりキッズカートを乗り始め、

4歳でレースデビュー。

6歳以降から

レーシングカートの上位クラスで

多くの優勝タイトルを獲得します。

9歳の時点(当時の世界最年少)では

FIA-F4仕様のフォーミュラカーを運転し、

10歳時には現役レーサーと

遜色ない好タイムを記録、

2017年、

11歳で

「フォーミュラU17チャレンジカップ」(F4相当)に

初参戦しました。

翌2018年からは

同シリーズのF3マシンクラスに転向、

2019年まで出場したレース11戦を

全て優勝で飾るという

抜きんでた才能を示します。

2020年には、

日本では年齢制限で

出場できないレースが

ほとんどということで、

14歳で「デンマークF4選手権」に

初参戦を表明、

同6月の初戦を事もなげに優勝、

その後はコロナもあり、

レース数減少、

チームの移籍やスポット参戦を続ける中、

2023年元のNODAレーシングチームに

復帰しました。

スポンサーリンク

そして、国際F3カテゴリーでは

最上位の一つとなる

「ユーロ・フォーミュラ・オープン」(EFO)

に初参戦、

第4戦のフランスの

ポール・リカール にて初勝利し、

女性ドライバーとしては

史上初の優勝を飾った野田樹潤選手です。

学歴(高校・大学)は?

野田樹潤選手の学歴は

美作市立勝田東小~日体大桜華中(関西国際学園神戸校中等部)~

東京都内の高校在学中です。

中学は

東京と関西の

インターナショナルスクールに通っていました。

高校名や通学等

どのような感じで高校生活を送っているのかは

わかりませんでしたが、

高校は都内の学校に

通われているみたいです。

樹潤さんは父方の祖母が指宿市出身で、父は元F1レーサーの野田英樹さん。

同社によると、3歳からレーシングカートを始め、9歳でF4レースに世界最年少でデビューした。

都内の高校に在籍し、今年1月から両親ら5人のチームで欧州を転戦している。

https://373news.com/

幼いころから、

海外を転戦するということで、

学校生活も大変だと思います。

頑張ってもらいたいですね!

【追記】

※野田樹潤選手は2024年4月から日本大学スポーツ科学部に進学致します。

スポンサーリンク

野田樹潤の年齢や身長は?

野田樹潤選手は

17歳(2023年8月現在)の現役女子高生です。

身長は小6の時は

134センチと小柄でしたが、

中学3年の頃には

170センチあったそうです。

レーシングドライバーということで、

日ごろから

肉体トレーニングも欠かせず、

体つくりには余念がないと思われますね。

レース中に

運転席でGがかかると

一般人だと

首捻挫するといわれていますからね。

引き締まったボディをお持ちの

野田樹潤選手ではないでしょうか?

野田樹潤の家族(父・母)も知りたい!

野田樹潤選手は

両親と姉弟の5人家族の次女です。

野田樹潤選手の父親は

元F1ドライバーの

野田英樹さん。

スポンサーリンク

年齢は54歳(2023年8月現在)。

1994年に、

ラルースより3レースにスポット参戦し、

F1デビューを果たしました。

https://twitter.com/

F1の出走回数はその3レースだけみたいです。

現在は

NODAレーシングアカデミー高等学院校長、

NPO法人青少年少女モータースポーツ振興会代表理事を

務められています。

母親は元バレエダンサーの

野田雅恵さん。

夫が校長を務める

NODAレーシングアカデミーで

トレーナーをしており、

体幹トレーニングを中心に

娘の樹潤さんの体力作りの

サポートを行っているそうです。

NODAレーシングは

文字通り家族で戦う小さなチーム。

英樹さんがチーム監督、

母の雅恵さんも

キャンピングカーで

海外各地を回る生活を送っています。

野田樹潤(女性レーサー)のまとめ

https://twitter.com/

今回は「野田樹潤(女性レーサー)の経歴や学歴や年齢や身長は?家族(父・母)も知りたい!」と題して調べてみました。

  • 野田樹潤は17歳(2023年7月現在)の女子高生、で身長は170センチ前後

  • 学歴は美作市立勝田東小~日体大桜華中(関西国際学園神戸校中等部)~東京都内の高校在学中

  • 4歳でレースデビュー、17歳で女性ドライバー初となるF3レース制覇

  • 野田樹潤は両親と姉弟の5人家族の次女、父は元F1ドライバー、母は元バレーダンサー
スポンサーリンク

F3のユーロ・フォーミュラ・オープンで見事、

女性初となる優勝を果たした

野田樹潤(Juju)選手。

これからどんどんステップアップして

F1のスタートラインに

立ってもらいたいですね。

野田樹潤選手の

これから益々の

活躍期待しております!!

以上「野田樹潤(女性レーサー)の経歴や学歴や年齢や身長は?家族(父・母)も知りたい!」でした。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました